京都市の整体院で坐骨神経痛、椎間板ヘルニアを改善するなら整体院 仁

ご予約はこちら075-432-8384
ネット予約

整体院仁のブログ

骨盤の歪み、足の長さの違いの【真実】①

2018年04月02日

こんにちは、橋本です。

 

 

今日は骨盤の歪み、左右の足の長さの違いについて書きます。

なぜこのことについて書くかと言いますと、
よく聞かれるからです。
「骨盤の歪みがあるから、、、」
「左右の足の長さが違うんですよね、、、」
というような形で
それが何かの原因なのですか?
と聞かれます。

 

よく巷では骨盤矯正という言葉が出回っていますが
実際に骨盤の歪みや足の長さの左右差が気になってるという方は多いと思います。

 

そのことについて実際のところどうなのかということを

今日は明かしたいと思います。

 

 

答えから言いますと

骨盤は歪みがあって当然なのです。

足の長さについても左右差があって当然です。

 

ではそれはなぜなのか。

 

 

それは生まれてくる時に
皆当たり前ですがお母さんの産道を通ります。
その時の体の捻り方は皆同じになっているのですが
体を小さくして通りやすくして
でてきます。

 

その時に
右の骨盤は後傾します。同時に右の側頭骨も後傾します。
これは必ずそうなります。

 

このことから生まれた瞬間から
皆、骨盤というのは左右対象ではないのです。
ここからスタートして生きていく中での
生活習慣や体の使い方の癖などが体に上書きされて
さらに左右差が出たりするのですが
根本的には骨盤の左右差はあって当然なのです。

 

そもそも右利き左利きとあるように
使いやすい方、動かしやすい方ってありますよね。
むしろ右と左で同じ動きをしてと言われたら難しいですよね。
それが存在している中で
綺麗な左右対象は中々ありえません。

 

 

今まで診させていただいた患者さんの中に

・ヨガの先生

・太極拳の先生

・全日本選手権に出るアスリート

・モデル

 

『全員骨盤は左右対象ではありません』

 

 

でも成り立っていますし、健康で綺麗でハイパフォーマンスなんです。
これが事実です。

 

 

じゃあ世の中に出回っている

「骨盤矯正」ってなんなの?

と思いますよね。

 

 

雑誌だったり、テレビだったり、整骨院だったり
色々なところで目にして聞いたりすると思います。

 

簡単に言えば
「骨盤矯正」
とは商品名みたいなものです。
実際に流行りましたしネーミングが上手ですよね。

 

 

医学用語で骨盤矯正という言葉は存在しません。
誰かが作った造語です。

 

 

腰を捻ってボキっと鳴らしている治療家の
95パーセントが実際に
そのことによって組織がどうなったか理解していないでしょう。
音がなった事に満足して、勘でやっているのが事実です。
ただ患者さんには「骨盤矯正しておきました」って言うんですけどね。
これは馬鹿にしているとか、見下しているとかではなく事実なのです。
治療家であればこの事実は皆知っていますが中々外には言わないんです。

 

 

 

この事に関して愚痴などは一切ないのですが
事実を書いてみました。

 

 

 

ですので話をまとめますと
大きな左右差が鏡で見てわからない程の差であれば
皆持っていますので
そんなに気にしなくても異常はありませんので安心してくださいね。

 

 

次回は
あまり知られていない右と左の足の長さの違いの真実について書きます。

 

 

お楽しみに。

 

 

 

最新記事

アーカイブ