京都市の整体院で坐骨神経痛、椎間板ヘルニアを改善するなら整体院 仁

ご予約はこちら075-432-8384
ネット予約

整体院仁のブログ

夜中の肩の疼きで寝不足になってしまっているあなたへ

2017年06月15日

今日は五十肩の特徴である夜間痛について、書きたいと思います。

IMG_3059

・寝ると肩から腕が痛くなってくる
・痛みが強いから寝るのが怖い
・寝不足になって精神的に辛い
・どの姿勢が楽な姿勢なのかわからず、寝ている間常に痛みがでない姿勢を探している

そんな苦しんでいるあなたに
お伝えしたいです。

その症状は
【背骨の柔軟性を取り戻す事】
【首から腕にかけての筋膜の癒着を取り除く事】
【肋骨の正しい動きを取り戻す事】
で解決していく事ができます。

あなたは五十肩の治療で
上記のようなアプローチを受けた事がありますか?

夜間痛がなぜ起きるのかという事ですが
寝転んだ際に、
体というのは
本来は下の接地面(ベッド、布団)に対して
背骨や肋骨、頭の位置等は
元々持っている柔軟性で
合わせるようにできています。

ただ、五十肩で夜間痛が続く方は
この柔軟性を失っており
緩衝作用がないので
肩から腕にかけて
常にピンポイントでストレスがかかる状態に
なってしまっています。

ですから
どんな姿勢を取ろうとしても
痛み、疼きが続いてしまうという事です。

これを解決するためには
肩関節や腕周辺に対するアプローチだけでなく
背骨や肋骨、股関節に対する
アプローチが必要になってきます。

呼吸法だけでも肋骨の本来の動き、柔軟性を
取り戻していく事ができるので
体は良い方向に変化していきます。

五十肩による夜間痛で
憂鬱になって、精神的にもしんどくなってきているあなたは是非このアプローチをオススメします。

今月も何人もの方が五十肩から解放されました。

もし上記の状態に当てはまる方は
1度ご連絡下さい。
必ず力になります。

整体院 仁

追記
今現在予約枠が連日埋まっている状態であり、すぐに予約が取れるかわからない状態ですので、もし迷われている方はお早めのご連絡をお願い致します。
よろしくお願い致します。

最新記事

アーカイブ