京都市の整体院で坐骨神経痛、椎間板ヘルニアを改善するなら整体院 仁

ご予約はこちら075-432-8384
ネット予約

整体院仁のブログ

骨盤の歪み、左右の足の長さの違いの真実②

2018年04月08日

こんにちは、橋本です。

 

 

 

今日も前回の続きで
骨盤の歪み、左右の足の長さの違いの実際のところについて書きます。

 

 

 

今回は
『ゲゲゲの鬼太郎から学ぶ左右の足の長さの違いの真実』
をお伝えします。

ゲゲゲの鬼太郎をご存知の方は多いと思います。
その鬼太郎の歌の中で

 

「カラン、コロン♪カランカランコロン♪カラン、コロン♪カランカランコロン♪」

 

という代表的な歌があるのですが
その歌をお聞きになった事がある方は思い浮かべてください。

 

 

このカラン、コロンという音は
鬼太郎が下駄を履いて歩いている時の音なのですが

 

なぜ、「カラン、コロン」なのでしょうか?

 

右足と左足が左右対称ならば
「カラン、カラン」もしくは「コロン、コロン」
でもよくないですか?

 

実際に歌の話だけじゃなくて
本当に下駄を履いている人の足音を聞くと
左右で音が違います。

 

このことから何が言えるのかというと
足は
左右非対称ではない。
足の長さは誤差ががあって当たり前なのです。

 

現に
ほとんどの人が左足に体重をかけています。
それは
一番バランスが取れる位置というのが
頭部→心臓の位置→仙骨の少し左側(前方5センチ)
とほぼ決まっているからなんです。

 

 

スポーツ選手でも
太ももの裏の肉離れは
初回は90パーセント以上左足で発症します。

 

 

それともう一つ面白い話があります。

 

 

海外で人体について研究されている博士が発表したものですが

 

 

人の足の長さが揃う時は3パターンあると。

 

 

1つめは死後硬直第二期(死んだ時)

 

2つめは全身麻酔下(全身麻酔にかかっている時)

 

 

 

  

そして3つめ、、、

 

 

 

セラピスト(治療家)が無理やり揃えた時。笑

 

 

 

という研究結果を実際に述べているんですね。

 

 

そしてこう述べています。
右足と左足はそもそも構造が全く同じではない。だから左右差があって当たり前だ。
と。

 

 

このことからわかるように
話をまとめますと
今現在、色んな情報が出回って骨盤の傾きや歪み、左右の足の長さの違いに対して
マイナスなイメージが強いですが、
健康で何もない人でも、皆そういった左右差は持っているので
その歪みが体が悪い原因かのように捉える必要は全くない。
ということです。

 

 

あなたにもし何か気になる事があれば
メールでも良いですし、なんでも聞いてくださいね。

最新記事

アーカイブ